ボスニア

[Review]Dozër – Noć Za Teške Priče (ボスニア・ヘルツェゴビナ/スラッシュメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のスラッシュメタル、Dozërの1stフルアルバム。2013年作品で、現時点での最新作になります。 周辺情報的なもの これまた関連情報が限られているのですが・・・Metal Archivesによるとバンドの結成は2008年で、翌2009年にデモをリリースしています。 結成から本作までのメンバーは、Sommy氏(ギター)、Shex氏(ヴォーカル)、Zira氏 […]

[Review]Silent Kingdom – Bloodless(ボスニア・ヘルツェゴビナ/メロディック・ブラック・デス)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のメロディック・ブラック・デスメタル、Silent Kingdomの1stフルアルバム。2004年作品。自分がゲットしたのはWalk Recordsというところから出てる再発盤で、ボーナストラック2曲が追加収録されています。 本レビューの執筆にあたり、今回は幸運にも公式バイオグラフィー記事と、バンドの仕掛人であるAmir Hadžić氏のインタビュー記事を […]

[Review]Krv – Ograma/U Kamenom Grobu(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ブラックメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のブラックメタル、KRVの3rdアルバム、2010年作品。本作のリリース後バンドは解散しています。バンド名の”Krv”はBloodの意味で、ボスニアやセルビアの英会話講師に確認したところ、発音はクルヴという感じでした。またMetal Archivesによるとアルバムタイトルの”Ograma”はボスニアの古語か何かでSpellの意味だそうです。 自分がゲット […]

[Review]Odar – Zavjet Dalekom Snu(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ブラックメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のブラックメタル、Odarの1stにして唯一のフルアルバム。2008年作品。 全体的にはどことなくペイガン風味も感じられる、荒涼とした雰囲気が漂っています。 サタニックなブラックメタルというよりは、ペイガンあるいはちょっとアトモスフェリック系な趣。

[Review]Bombarder – Okot Iz Pakla(ボスニア・ヘルツェゴビナ/スラッシュ・スピードメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナはサラエボ出身の爆弾スラッシュ・カルト、Bombarderの7thフルアルバム。2016年作品で最新作(本稿執筆時点)。 タイトルの、Okot Iz Paklaは英訳すると、Trash(Garbage?) From Hellという感じになるみたいです。ボスニアの英会話講師が教えてくれました。感謝です。 Metal Archivesによるとメンバーは結構流動的のようで、1stアルバムから不変なのはVoの Nenad "Nešo" Kovačević氏のみのようです。

[Review]Festival Of Mutilation – Gods Of Infernal Desolation(ボスニア・ヘルツェゴビナ/デスメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のテクニカル・デスメタルバンド、Festival Of Mutilationの1stアルバム。2009年作品。 情報源はMetal Archivesくらいしか見つからなかったのですが、それによると、ベーシストは同郷のブラックメタルOdarがらみだったり、ドラムスは同じくOdarやセルビアのBaneでライブに出てたり、ギタリストはまたボスニアのメロデスSil […]

[Review]Bombarder – Speed Kill(ボスニア・ヘルツェゴビナ/スラッシュ・スピードメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のスラッシュ・スピードメタル(カルト?)、Bombarder(英会話講師はボンバルデルと発音してました)の記念すべき1stフルアルバム。2008年のボーナストラック入り再発盤。偶然中古で激安でゲットしました(笑)オリジナルは1989年作品ということで、クレジットはユーゴスラヴィアの国名表記になっています。 ほとんど資料を見つけられなくて、もっぱらMetal […]