Bosnia

1/3ページ

[レビュー]Krv – Silna volja srebra (ボスニア・ヘルツェゴビナ/ブラックメタル)

  ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のブラックメタル、Krvの8曲入りデビューEP。2006年作品。同ボスニアのWalk RecordsからリリースのCD盤で、Discogsで隣国セルビアのセラーからお取り寄せの品。 関連情報 バンド名のKrvはボスニア語で「血」の意。本EPタイトルの”Silna volja srebra”は「強大な鋼(銀)の意思」という感じになるのでしょうか。 バンド […]

[レビュー]Interfector – The Force Within (ボスニア・ヘルツェゴビナ/ブラックメタル)

ボスニア・ヘルツェゴビナのバニャ・ルカ(Banja Luka)出身のブラックメタルInterfectorの1stフルアルバム。2004年作品。 セルビアのRock Express Recrdsというところからのリリース。詳細は調査中(?)ですが、セルビアの”メタル”英会話講師によると、同名のメタル雑誌が当時セルビア(と旧ユーゴスラヴィア地域?)で発行されていたようで(現在は廃刊っぽい)、おそらく関 […]

[レビュー]Silent Kingdom – In Search of Eternity (ボスニア・ヘルツェゴビナ/メロディック・ブラック・デス)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のメロディック・ブラック・デスメタル、Silent Kingdomの5thフルアルバム。2014年作品。 これはセルビアのレコード店で買ったもののひとつですが、特価だったのか値札を見るとなんと200円強という驚きの値段。現地バンドの現地盤はかなり安い。 関連情報 バンドのバイオグラフィーについては、彼らの1st、”Bloodless”アルバムの記事に詳しい […]

メタルヘッドと読む『平和の種をまく ボスニアの少女エミナ』

写真・文 横倉文子(2006) 『平和の種をまく ボスニアの少女エミナ』岩崎書店。 ボスニア紛争後からの再生のおはなし 1995年に終結したボスニア紛争のあと、首都サラエボ郊外に設立されたコミュニティーガーデンが、この本の舞台。紛争で住む家を失った11歳の少女エミナは、家族と一緒にコミュニティー・ガーデンで暮らし、野菜を作るのを手伝ったり、同じガーデンに暮らす他民族の人たちと一緒に、ちょっと大変だ […]

メタルヘッドと読む『サニー ボスニア・ヘルツェゴビナへ―続々・地雷ではなく花をください』

気がつけばシリーズ化(?)してる「メタルヘッドと読むバルカン本」記事ですが、今回ご紹介するのはこれ。 絵・葉祥明 文・柳瀬房子(1998)『サニー ボスニア・ヘルツェゴビナへ―続々・地雷ではなく花をください』自由国民社。 タイトルの通り、1990年代のボスニア紛争で埋設された地雷についての絵本で、地雷撤去キャンペーンの本として、この本の収益は世界の地雷除去活動に役立てられているんだそう。 また、サ […]

[レビュー]The Loudest Silence – Aesthetic Illusion (ボスニア・ヘルツェゴビナ/フィーメイルゴシック・シンフォ)

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身のWithin Temptation型フィーメイルシンフォ・ゴシックメタル、The Loudest Silenceの1stフルアルバム。2018年作品。長いこと欲しかった作品ですが、ようやく入手できました。 自主リリースらしいですが、バンド公式HPによると日本ではS.A.MUSIC様が配給元になってるみたいですね。ヨーロッパではNuclear Blastと […]

[バルカン入門に]メタルヘッドと読む『バルカンを知るための66章』

今回ご紹介するのは、柴宜弘編著(2016)『バルカンを知るための66章』[第2版]明石書店。 エリア・スタディーズという、世界の国々や地域別に1冊を割り当てたシリーズの1冊で、これまでに100を軽く超える国や地域をテーマに出版されています。バルカン地域を扱う本書は通し番号で48番目。 読んだのはずいぶん前で、すでに紹介している、『セルビアを知るための60章』と同時期に読んでいたのですが、内容の記憶 […]

[レビュー]Emir Hot – Sevdah Metal(ボスニア・ヘルツェゴビナ/メロディックメタル・ギタリスト)

ボスニア・ヘルツェゴビナ北東部の都市トゥズラ(Tuzla)出身のギタリスト、Emir Hotの1stフルアルバム。2008年作品。セルビアのOne Recordsからのリリースで、裏ジャケに堂々とMade In Serbiaと書かれてるのが見えますね。 これまたベオグラード滞在中に購入したもののひとつなのですが、一緒に買ったほかのCD達のほとんどと同様、ケースはスリキズだらけ&ツメ折れと、もはや安 […]

[バルカンの音レビュー]Divanhana – Zukva(ボスニア・ヘルツェゴビナ/フォーク・トラディショナル)

ボスニア・ヘルツェゴビナのフォーク・トラディショナルグループ、Divanhanaの3rdアルバム。2015年作品。幸運な事に中古で数百円でゲットできたコレは、バルカン地域向け盤だそうで、ワールドワイド向けには、ジャケ違いのものが流通してるようです。微妙に収録曲も違うのかな。 実はこのバンドというかバルカンのフォーク・トラディショナル音楽については、ほとんど予備知識も無い状態なので、あれこれ調べなが […]

[ 最終回]セルビア&ボスニアひとり旅~最後のベオグラード滞在part2 闇の博物館?etc[そして帰国]

ベオグラード観光の最終日。午前中に「スタバなう」して、それからカレメグダン公園&要塞を見て回りました。これから午後、お土産その他の買い物をして、午前中見れなかった、拷問博物館に再度行ってみる予定です。   前回のお話はこちら↓ [ 聖地巡礼??]セルビア&ボスニアひとり旅~最後のベオグラード滞在part1 カレメグダン要塞etc[メタルツアーも] ベオグラード市内で買い物 ↑カレメグダン […]

1 3
Translate »