[海外通販記]BandcampにセルビアのBaneのグッズを注文・無事届くのかやってみた

[海外通販記]BandcampにセルビアのBaneのグッズを注文・無事届くのかやってみた

はじめに ー 本企画の狙いみたいなもの

タイトルの通り、ここでは個人的に海外へオーダーした物販が無事届くのか、その記録をご紹介したいと思います。

お気に入りのバンドのCDやTシャツ等のマーチャンダイズが欲しいけど、日本国内には売ってない、とか、マイナーすぎてそもそも海外から直接買うしかない。そんな事ってないでしょうか。

でも海外通販なんて、ちゃんと届くか不安だし、あれこれハードル高そうだしで、なかなかトライしにくい事だと思います。

筆者自身は実際そうで、日本国内だけでなく、海外からもあれこれ入手することが出来るなら、モノが手に入らなくて困らずに済むのに、とよく考えてました。でも実際届かなかったら最低だし、到着までの日数もかかりそうだし、注文もトラブル対応も英語だし・・・といろいろなハードルがあることも事実で・・・。

 

という事でここでは、筆者の海外オーダーの記録を、実験台代わりに晒していこうと考えています。主に注文から到着までの日数や経過、相手の対応の感じなどが記事の中心になると思います。

いくつかの事例が出揃ってくれば、きっと海外通販をするときの不安を軽減するのに役立つかも知れませんし、あるいは駄目なパターンというのも見えてくるかも知れません。

本企画を通して、海外通販を迷っていらっしゃる方の参考になれば、幸いです。

 

海外オーダー第1弾はBandcampから

さて、本企画の第1弾は、アーティスト直通音楽配信サイトのBandcampへ、CDとTシャツをオーダーした記録になります。

セルビアのメロディック・ブラックデスメタルのBaneが2018年11月に、3rdアルバムをリリースすることになっていて、ぜひ購入してリリースを祝福したかったのですが、どうも日本に入ってくる気配が全然ない。というか日本で全く話題にされてない?ということで、Bandcampに予約オーダーすることに。

Bane [Serbia] – Bandcamp

前述したような、あれこれ不安はあるにしても、どうしても欲しければもう他に手段がない感じだったので、なおさら。

Bandcamp自体はショッピングカート方式なので、注文自体は難しくありません。欲しいものクリックして、送り先の国を選べば、送料含めた合計金額も自動で計算してくれます。

 

自分が注文したのは↓

  • The Acausal Fire: Digipack CD
  • Esoteric Formulae: Digipack CD
  • Esoteric Formulae: Limited Edition 12” Vinyl
  • “Serpent” Tシャツ/アパレル 
  • ”Snakes” Tシャツ/アパレル

2ndアルバムのCD、3rdアルバムのCDとレコード、Tシャツ2種類の5点。

金額は最終的に、

小計: 84.00
送料: 27.00
合計: $111.00 USD

になりました。ちなみに自分はペイパルでの支払いにしています。1ドル110円(2019年5月参考)とすると、約12,000円。送料がそこそこ高い気がしますが、平均すれば1つ2,400円くらいになるので、まあ許容範囲ではないかと思います。

 

オーダーしたのが2018年11月15日。CD盤のリリース日は11月30日になっていました。

オーダー後すぐ、内容確認のメールが届き、あとは無事届くか不安まじりで、到着を待つだけです。ワクワクします。

・・・が初海外オーダーにしていきなり、ちょっとしたハプニングが待ち受けていました><

待てど暮らせど・・・音沙汰なし

新作の、CDの方のリリース日は11月30日で、レコードの方は確か12月初頭リリースになっていましたが、12月半ばを過ぎても音沙汰なし。

なんだか嫌な予感がしてきます。CDの発売日は過ぎてるので、こういう時は先にレコード以外の分送ってくるのかな?でも送料変わりそうだしそれはないかな、とか、これはいきなりリップオフなやつなのか、とか、いやでもバンド直販のBandcampでリップオフなんてしたら口コミえらいことになりそうだし、そんな馬鹿なマネはしないよね、とか・・・

なんてソワソワしながらある日Bandcampページみたら、アナログの発送予定がいつの間にか2019年1月(だったと思う)発送に変わってる。

それじゃあもう少しおとなしく気長に待つかと思いつつも時は流れ・・・2月が過ぎ、3月になり・・・。

痺れを切らして問い合わせ

この頃からもうほとんど諦めモード。時間も経ってるし、自分の注文は忘れ去られてすっぽかされてるんだろうな、みたいな。ただお金も払ってるし、泣き寝入りはやっぱり嫌なので、苦しまぎれにバンド宛に確認のためメールを送ってみることに。

メール送るのは少々勇気が要る行動のように思えましたが、オンライン英会話の経験もあってか、インターナショナルなやり取りに対する抵抗は不思議と少なく、とりあえずテキトーに送れば良いんじゃね?どうせ届かない品物に対する嫌がらせみたいなもんだし(ワラ みたいな軽いノリで送信。

Want to ask about my order on Bandcamp

Hello Bane! I’m from Japan and I was really impressed by Bane‘s stuff.

So I’ve ordered some merchandises through Bandcamp last November 15 but currently I haven’t received anything yet.

Please reply me that  those items have shipped already or will be ship soon.

Thank you and
My purchase list is following…

こんな感じです。嫌がらせ(?)の割りに低姿勢な文面で送りました。正しい英語かは分かりません。

果たして回答をもらえるんでしょうか?それとも迷惑メール扱いでゴミ箱行きになるんでしょうか。

すると2日後くらいに、返信が来てました。内容は↓の様な感じ。

きちんと返信もらって状況知れたので一安心。自分の英語も通じてたみたいです。ちゃんと謝罪の表現もあったので、誠実に返信してもらえたみたいでよかったです。

ただこの時点では実際いつ頃の発送になるかはバンド側にも分からないようだったので、(心理的に)待つのはもう止めました。放っておけば、たぶんそのうち届くんでしょう。

ついに発送・そして到着

それからさらに月日は流れ、時は2019年4月30日。オーダーから5ヶ月を過ぎたある日、”Bane [Serbia] がご注文の品を発送しました”とメールが。

やっとです。待つの止めたといいながら、メール記載の追跡番号を毎日のようにチェックしたのは言うまでもありません(苦笑

そしてついに品物が到着。発送のメールからはちょうど1週間でした。ここは早かったですね。Bandcampによると、発送はカナダからになってました。到着までの期間は、このあたりも関係してるかもしれません。

いよいよ開封

こんな感じで届きました。↓ ダンボールに梱包されています。

 

購入したレコード&CD、オマケのバッジとステッカー。封筒には、”待たせちゃったからオマケのCDとかパッチとかいろいろ送っておくね。サポートありがとう” みたいなメッセージが書き添えられてます。

Tシャツ2枚↓

 

オマケのCD2枚(!)とパッチとかフライヤーとか。↓

CDはBaneの1stアルバムと、Braindeadってバンド(よく知らない)。太っ腹!

Baneの1stは持ってて本ブログでもレビューしてますが、なんとこちらはボーナストラックでDark Funeralのカバーが入ってる方。自分持ってるのはボートラ無し盤だったので有難い。

待たされたけど心遣いにほっこり

結局オーダーからはまる半年経ちました。原因はレコードの製造の遅れという事なので、バンド側もどうしようもない事態で、その点は仕方がないという事になるでしょう。

バンドはオーダー受付から発送、メール対応まで、きちんと対応してくれたといって良いと思います。レコードの遅延があるならアナウンスしてくれればもっと良かったのですが、そこまで配慮を求めるのは・・・慣習の違いもあると思うので、その点についてはなんとも言えません。

ただ最後には、いろいろオマケをつけてくれるという、心遣いを見せてくれたので、個人的には感謝を持って受け入れたい気持ちです。

その意味では、レコードの製造による遅れはあったものの、概ね問題のない取引になったと言えるのではないかと思います。

ここで学んだのはたぶん・・・海外オーダーの時は、想像以上に時間がかかることもありうるということ、いろんな原因によって発送時期の変動が(多分日本の比じゃない位普通に)ありそうなこと、その意味で記載情報もアテにならない事も多そうなこと、でしょうか。

よければどうぞご参考に。

また海外お取り寄せの時は、ご紹介したいと思います。

Translate »