[海外通販記]セルビアのMizantropeon RecordsにThe Stoneグッズを注文・編[第2弾]

[海外通販記]セルビアのMizantropeon RecordsにThe Stoneグッズを注文・編[第2弾]

恐る恐る(?)海外通販にチャレンジ&本当にちゃんと届くのか実験・検証企画、第2弾はセルビアのMizantropeon Recordsというところから、同じくセルビアのベテランブラックメタルThe Stoneのグッズをあれこれ注文しました。

2019年3月に、彼らの新作EP”Kruna Praha”がリリースされていて・・・これはファンとしてはゲットせねば!

というか新作リリースに乗っかって、たとえ日本では全然話題にならなくても、たとえ誰からも気にされなくてもひっそり騒ぎたい!というのが一番の動機。

そして前回企画のBaneの時もそうだったのですが、たぶん日本のショップに入ってきそうな気配が感じられなかったので、海外オーダーと相成りました。

 

その第1弾企画の出来事はこちら。↓

[海外通販記]BandcampにセルビアのBaneのグッズを注文・無事届くのかやってみた

Mizantropeon Records

このMizantropeon Recordsは、セルビアのブラックメタルThe StoneのギタリストであるKozeljnik氏が2017年に立ち上げたレコードレーベルです。

The Stoneのインタビュー記事によると、作品のリリースと製作に関する自由のために自身のレーベルを立ち上げた、という事のようですね。

今のところ、自身のバンドであるThe Stoneの新作EP”Kruna Praha”のCDとアナログ、2017年の8thアルバム”Teatar Apsurda”のCDとアナログが本レーベルから出ています。

他には、The Stoneの過去作品のCDやアナログのディストリビューションと、Tシャツ等のマーチャンダイズを扱っています。

基本的にはThe Stoneのリリース全般を手がけているレーベルという理解で良いのではないかと思います。

 

今回自分がオーダーしたのは、前述の彼らの新作EP”Kruna Praha”の、デジパックCD+7インチアナログ+Tシャツのお得セット(28ユーロ)

8thアルバム”Teatar Apsurda”のCD(10ユーロ)

2ndアルバム”Zakon Velesa(Закон Велеса)”のCD(10ユーロ)

の3アイテム計5品。合計48ユーロ+送料が21ユーロ=計69ユーロ。これを書いている2019年5月のレートが1ユーロ124円ほどだったので、およそ8,600円くらいでしょうか。送料がそこそこかかってますが、5品届くので平均すると1,700円くらいで、単価としてはそれなりだと思います。

到着までの経過

Mizantropeon Recordsへのオーダーは、ショッピングカート方式なので基本的に欲しいものをポチるだけで簡単。ただ、送料込みの合計は住所やメールアドレス等の必要事項を入力しないと計算されないのが非常に不便。自分みたいに予算の限られた人間にとっては、見積もりしてからでないと最終判断できないので・・・結局最初はダミー住所等をデタラメ入力して金額を計算しないといけませんでした。

普通の通販と同じく、最終決定ボタンをクリックしないと注文は通らないので、手順は面倒ですがまぁ大丈夫といえば大丈夫でしょうか。

注文を入れたのは確か2019年4月25日。その日のうちに、「Your order from Mizantropeon Records has been received」って感じで注文完了メールが届いてました。

レーベルのウェブサイトによると、発送まで3~4日という事でしたが、実際に発送完了メールを受信したのは5月4日。「Your order from Mizantropeon Records is on its way!」ですって。いやでもオーダーから1週間以上経ってますけど・・・。

ただたぶん、海外通販はこのへんに目くじら立ててはいけないというか、情報鵜呑みにしない方がよさそうというか・・・気長に待てないととワクワクしすぎて耐えられない感じかも。

 

発送完了メールには、追跡番号も記載されているので、メール受信後は毎日追跡チェックの日々、というわけですね(苦笑

郵便扱いで発送されたようですが、セルビアと日本のそれぞれの追跡画面を貼っておきたいと思います。

セルビア側のページ↑と、

 

日本の郵便局の追跡画面。

 

ご覧のとおり、自分の手元に届いたのは5月13日で、発送のメール受信からはおよそ1週間、オーダーからは約20日で到着したことになります。前回のBaneの時も発送からは1週間で届いてきたので、発送が済めば、それなりの日数で届くと思って良いのかも知れません。

 

到着~開封

そしていよいよ品物が届き、開封です。今回はクッション付の紙袋(なんだか再利用っぽい)で届きました。

※左下部やぶれてるのは、自分がウッキウキで写真撮影前に開封しかけたため。。配送中の事故ではありませんです

 

新作EP”Kruna Praha”の、デジパックCD+7インチアナログと、

8thアルバム”Teatar Apsurda”のCD

2ndアルバム”Zakon Velesa(Закон Велеса)”のCD。

 

セットのTシャツ。グレーなのがちょっと珍しくてオシャレ?袖のところにMizantropeon Recordsのロゴも入ってます。

このTシャツ、プリントのインクでしょうか、ちょっと変なニオイがします。

このニオイで、セルビアのメタル英会話講師が、「メタルTって洗うとメチャ匂うんだよねー」って言ったのを思い出しました。そういえば。

自分は全くそういう記憶も経験もないので、それ聞いた時は”???”で、「へー。そうなんスか。なんか生地とか違うんですかねー」と返答。実際のところは謎です。

・・・という事は、セルビアから取り寄せのこのTシャツも、洗うと匂うヤツなんでしょうか??ちょっと怖くなってきますね。。コレ着てセルビア行くのが楽しみだというのに、Tシャツの放つ異臭で、「なんかあの謎のアジア人匂わね?」なんてことになったら・・・想像するのも恐ろしい。

スムーズに受け取りまで運びました

今回は総じて、オーダーから品物の到着までスムーズだったのではないかと思います。もちろん20日間もわくわくしながら待つのはとても長いですが、他に手段もなく、はるばるセルビアの地から届くことを思えば、このくらいは問題ない範囲だと思います。

あまり海外オーダーの経験のない現状では、何より無事に品物が届くという事が一番大事ですから。。

また、梱包は上記の様に紙袋でしたが、中身にダメージらしいダメージはありませんでした。CDのプラケース割れ、スリキズ、ツメ折れも無し。

その点も含めて、ほぼ問題ない取引になったといって良いでしょう。

 

あとは、ここでは詳しくは触れませんでしたが、もしかすると不安に思う方もいらっしゃるかもしれない、オーダー時の住所入力について。

前回と今回の経験を通して思うのは、オーダーフォームの場合はそれほど入力に神経質にならなくてもよさそう、という事。

住所欄に入力するのは、郵便番号、都道府県、市区町村、番地、必要なら建物名と部屋番号ですが、そのままローマ字入力でOK。日本国内で郵便送る時は、あて先住所書く順番が決まってるような感じもしますが、海外からの場合はたぶん、とにかくカンマで区切って書かれてあれば届くっぽいです。もしかしたら、郵便屋さんは”訳わかんねーよ、○ねよ”って思ってるのかもですが。

実際、今回届いて来た荷物見ると、郵便番号が間違ってたのですが、それでもトラブルなく届きましたので。

優秀な郵便屋さんにも感謝です。

 

という訳で、今回のセルビアオーダーも、無事スムーズに受け取りまで完了できました。このオーダーを通して、間接的にでも、The StoneのKozeljnik氏に、日本にも自分みたいなリスナーというかファンというか・・・がいるってのが伝わるといいな。

 

Mizantropeon Recordsのページはこちら。ご参考に

Translate »